クロヤマアリ

ハチ目 細腰亜目 アリ科 ヤマアリ亜科
Formica japonica
灰黒色または黒褐色のアリ。働きアリの体長は5mm前後。女王アリは10mm前後。
地上や植物上でもっともよく見かけるアリ。明るい場所に多く、地中に巣をつくる。
形態的に区別の困難な4種の隠蔽種(クロヤマアリ Formica japonica、ヒガシクロヤマアリ Formica sp.A、ニシクロヤマアリ Formica sp.B、ミナミクロヤマアリ Formica sp.C)からなるとされる。
埼玉県入間市 2011.6.8 
京都府京都市 2014.6.23 
奈良県生駒市矢田丘陵 2004.4.25 
体の何十倍もあるゴミムシの死骸を運ぶ働きアリ。
大阪府四條畷市室池 2004.5.12 
野原にあった大きな石をのけると、クロヤマアリの巣があった。蛹が入った繭を安全な場所に移そうと大慌てしている。
クロヤマアリ
1999.11.7