キマワリ(ニホンキマワリ)

甲虫目 カブトムシ亜目 ゴミムシダマシ科 キマワリ亜科
Plesiophthalmus nigrocyaneus
黒色で、脚が長いゴミムシダマシの仲間。体はコガネムシ類よりやや細長く、上翅には筋がある。
雑木林の樹木の幹や倒木上、枯れ木などに集まる。都市郊外でもよく見られる普通種。
早足で歩き回っていることが多い。幼虫は朽ち木の中で育つ。
キマワリ
神奈川県横浜市緑区 2010.6.30 
キマワリ
大阪府東大阪市枚岡 2000.7.26 
キマワリの幼虫。茶褐色で細長い円筒形。倒木や朽ちた切り株の樹皮下でよく見つかる。
キマワリの幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市 2015.11.24
キマワリの幼虫
幼虫 : 奈良県生駒市 2002.3.17