ツノロウムシ(ツノロウカイガラムシ)

カメムシ目 腹吻亜目 カタカイガラムシ科

Ceroplastes ceriferus

灰白色の大きなドーム型ロウ殻をつくるカイガラムシの仲間。虫体は暗赤褐色〜暗紫褐色。
日本国内にはオスは見られず、メスだけで単為生殖している。ミカン、カキ、ツバキ、ヒサカキ、モチノキ、ナシ、モモ、マサキ、ケヤキなど様々な植物に付き、公園や人家の庭などでも、多数の個体が枝に付着しているのをよく見かける。
ツノロウカイガラムシとも呼ばれる。
ツノロウムシ
奈良県生駒市 2013.1.6
ツノロウムシ
大阪府東大阪市枚岡 2002.3.10