ヒトオビアラゲカミキリ

甲虫目 カブトムシ亜目 カミキリムシ科 フトカミキリ亜科

Rhopaloscelis unifaciatus

胸部は黒色、上翅の地色は灰白色で細かい黒点があり、なかほどに黒く太い帯が1本走っている小さなカミキリムシ。
広葉樹の枯れ枝によく集まる。これは、噛みキズを付けた樹皮に卵を産んでいるところ。
ヒトオビアラゲカミキリ
東京都八王子市 2013.5.22
ヒトオビアラゲカミキリ
1998.7.
倒木上のペア。倒木では、交尾や産卵を観察できるチャンスが多い。
ヒトオビアラゲカミキリ
1999.6.28