カミムラカワゲラ属の一種

カワゲラ目 カワゲラ科

Kamimuria sp.

身体は黒褐色で、翅は茶褐色のカワゲラ。
山地・平地の渓流付近で見られ、晩春から初夏にかけて出現する。
幼虫は、やや流れのある場所を好み、水中の石の間を這い回って小昆虫を捕らえて食べて育つ。
カミムラカワゲラ(Kamimuria tibialis 北海道・本州・四国・九州に分布)とウエノカワゲラ(K.amimuria uenoi 本州・四国・九州に分布)の2種がいるが、外見で区別するのは困難。
カワゲラ(カミムラカワゲラ)
東京都八王子市裏高尾 2011.5.8