オオトリノフンダマシ

大鳥の糞騙し
クモガタ綱 クモ目 クモ亜目 ナゲナワグモ科
Cyrtarachne akirai
メスは、淡黄色で、角丸三角形の大きな腹部に2つの円状紋がある。オスはメスにくらべて極めて小さく、黄褐色で扁平な体型。
林縁や草原などで見られる。日中は、植物の葉裏などで脚を縮めてじっとしており、その姿は、カマキリの頭部のようにも見える。夕方から夜にかけて活動し、大きな円網を張る。
オオトリノフンダマシ
♀ : 奈良県生駒市 2015.10.23
オオトリノフンダマシ
♀ : 大阪府四條畷市下田原 2002.7.31
卵のうは紡錘形で、干からびたレモンのような特徴的な形。卵のうの近くの葉裏を探せば、メスが潜んでいることが多い、
オオトリノフンダマシの卵のうとメス
卵のう、♀ : 奈良県生駒市 2015.10.23
コナラの葉裏に潜んでいた幼体。この位置に静止していると、虫こぶに見えなくもない。
オオトリノフンダマシの幼体
♀幼体 : 京都府精華町 2016.6.27
オオトリノフンダマシの幼体
♀幼体 : 京都府精華町 2016.6.27
オオトリノフンダマシの幼体
♀幼体 : 京都府精華町 2016.6.27