ホソオチョウ

チョウ目 アゲハチョウ科 ウスバシロチョウ亜科

Sericinus montela

長い尾状突起をもつ小型のアゲハチョウの仲間。オスの翅は白色で黒褐色斑がある。メスの翅は淡黄色と黒褐色のまだら模様。雌雄ともに後翅の外縁に沿って赤色紋が並ぶ。季節型があり、夏型は春型よりも大きく、黒色部がやや発達する。
河川敷などで見られ、日当たりのよい草原をゆるやかに飛ぶ。
韓国から人為的に持ち込まれたと考えられ、関東や近畿を中心に分布を広げている。
幼虫の食草はウマノスズクサ。
ホソオチョウ
♀ : 埼玉県入間市 2012.5.6
ホソオチョウ
♀産卵 : 埼玉県入間市 2012.5.6